戸建住宅解体後の活用例

建物解体後、駐車場として有効利用した例をご紹介いたします。
戸建住宅解体後の活用例
リフォーム事例
工事の内容
施工担当者から一言
メモ
〜地鎮祭と上棟式とは~
建築工事に着手する前に、慣例的に行う儀式が地鎮祭です。「地鎮」ですから、その地に祭られている守護神を崇め、敷地の永久平安と工事の安全を祈ります。一般的には、宮司、建て主とその家族、設計者、請負業者、下請業者が参列し、建て主と請負業者の代表者が盛り砂に鍬を入れる「鍬入れの儀」を行い、土に手を加える事のお許しを請います。因みにお供え物は野菜、果物、海藻、海の魚、スルメ等です。これに対し上棟式は、柱や梁など建物の基本構造が完成し、棟木を上げる際に行われる儀式で、建前や棟上げともいわれます。建物の守護神と匠の神を祭って、これまでの工事の無事に感謝し、建物が無事に完成することを祈願する儀式です。近年では建主が工事関係者に気持ちよく仕事を進めてもらうためのもてなしの意味が強く、お酒やおつまみを振る舞ったり、お餅や金銭を紙に包んだ「御捻り」を棟木の上からばら撒く、いわゆる「餅まき」を行うことが多いようです。